総合コンクリート、主義 日本ヒューム株式会社

見積もりシミュレーション

プレキャストガードフェンス

プレキャストガードフェンス

車両用防護柵は高速走行する重車両が衝突しても車両が路外へ逸脱することなく、車両の乗員の安全性が確保されること、車両の衝突後の誘導性能が良好なこと、防護柵そのものも一定以下の変形に留まりかつ衝突時に構成部材が飛散しないこと等々の事柄が、国土交通省の性能基準として定められています。
車両用防護柵については、平成10年11月に建設省の基準が改訂になり、実車衝突実験を行い道路管理者において所要の性能を満たすことを確認されたものだけが実用に供することができることになっています。
コンクリート製剛性防護柵については、建設省、道路公団、セメント協会、PGF協会が、平成7年から4年間に亘り共同研究として改良および性能確認のための実車衝突実験を延べ9回に亘って行いました。
その結果、車両総重量25tの大型車を時速100km、衝突角度15度で衝突させた結果、新しい防護柵の設置基準書に示されている所要の性能を満足するものであることが確認され、平成16年3月に日本道路協会より発刊された「車両用防護柵標準仕様・同解説」にコンクリート製剛性防護柵として掲載されました。

特長(要点)

プレキャスト・ガードフェンス(PGF)の構造上の特徴は、標準長3~5mのプレキャスト・コンクリートブロックの底部を舗装面から10cm下に設置してから、縦断方向にPC鋼材を配置し、これに所定の緊張力(プレストレス)を与えたのち、ブロックの周囲を舗装して完成させます。
構造が単純で施工が容易であるうえ、車両用防護柵として優れた性能を具備しております。
このような構造の防護柵は欧米においては未だみられないもので、日本において初めて考案されたものです。

プレストレスを入れると

プレキャスト・ガードフェンス(PGF)はJIS認定工場で製造されます。

短期間で施工でき、ただちに供用できます

曲線半径が小さい箇所でも、施工ができます

短区間の施工も得意です

上下車線に段差があっても敷設が容易にできます

臨時に交通規制用として仮設置し、将来、本設置も可能な構造もあります

橋梁、高架部もプレキャスト防護柵で施工できます

リーズナブルなコスト

仕様区分

プレキャストコンクリート製剛性防護柵の仕様記号表記は以下のとおりである。

PGF仕様区分

※(財)日本道路協会防護柵の設置基準より抜粋

例)プレキャストコンクリートフロリダ型 種別SB 舗装埋込み用

PGF仕様区分

とし記載方法はRp-SB-FEとする。

種別の設定

車両防護柵は、強度(車両が衝突したときに突破されない衝撃度の大きさ)および設置場所に応じて種別が設定されています。SC(SCm)~SS(SSm)の高強度区間ではコンクリート製剛性防護柵が最適です。
SCより低強度の区間でコンクリート製剛性防護柵を使用する際は、SCを準用いたします。

PGF仕様区分

※(財)日本道路協会防護柵の設置基準より抜粋

種別の適用

種別の適用は、道路の区分、設計速度および設置する区間に応じて行われます。
ただし、走行速度や線形条件などにより特に衝撃度が高くなりやすい区間では、一段階上またはそれ以上の種別を適用することができます。

PGF仕様区分

※(財)日本道路協会防護柵の設置基準より抜粋 *重大な被害が発生するおそれのある区間

施工

施工にあたっては、ブロックの据付が簡単であり、この作業は他に制限されずに進めることができ、目地へのセメントモルタルの充填とPC鋼材の配置と緊張作業は、ブロックの据付作業に引き続いて併行作業で進めることができます。
このため、新設工事のみならず供用中道路の改良工事においても、施工時間の短縮によるメリットは大きく、これがコストの低減にも寄与しています。施工時間の短いことは、高架橋や橋梁上の施工において走行車両の安全確保の面からもその意義は大きいと言えます。

施工フローチャート

プレキャストガードフェンス施工フローチャート

標準歩掛表

据付工(昼間用)

名 称 単 位 数  量
2.5m 3m 5m
土木世話役 3.20 2.78 2.00
特殊作業員 9.60 8.33 6.00
普通作業員 9.60 8.33 6.00
ラフテレーンクレーン 3.20 2.78 2.00
諸雑費率 8.00 8.00 8.00

(100mあたり)
(注意)

鋼材組立工

名 称 単 位 数 量
橋梁世話役 0.50
橋梁特殊作業員 2.00
普通作業員 1.00
諸雑費率 8.00

(100mあたり)
(注意)

緊張工

名 称 単 位 数 量
橋梁世話役 0.50
橋梁特殊作業員 1.50
普通作業員 1.00

(緊張10本あたり)
(注意)

部材結合工

名 称 単 位 数 量
橋梁世話役 0.80
普通作業員 2.40
諸雑費率 15.00

(結合10ヶ所あたり)
(注意)

図面集

製品写真集

単スロープ型

単スロープ型

F型

F型

F型(排水付き)

F型(排水付き)

F型(急曲線設置可)

F型(急曲線設置可)

F型(仮設用)

F型(仮設用)

壁高欄

壁高欄

製品・工事カタログ、実績表

カタログ一覧へ