総合コンクリート、主義 日本ヒューム株式会社

見積もりシミュレーション

お問い合わせ

壁高欄

EMC壁高欄(Easy Maintenance and Construction)

壁高欄

 壁高欄とは、橋から人や車の落下を防止するために設けられる柵(欄干)の一種で、高速道路や線路をまたぐ橋など、特に丈夫な構造が必要とされる場合に設ける壁のような欄干のことです。
 EMC壁高欄は、従来の壁高欄と比べて取替性や耐久性を改良した直壁タイプ(首都高型形状)のプレキャスト壁高欄です。

特長

○1ブロックごとの交換が可能に
 従来はPC鋼より線を用いて20~30mを一括連結していましたが、ブロック同士を曲がりボルトで個別に連結する構造としました。
 これにより、事故等で製品が損傷した際にはブロック毎での交換が可能となました。また、ブロックの取替時の車線規制範囲が短くなり、施工の工期短縮・コスト縮減に繋がります。

○床板部のアンカーの交換が容易に
 従来のアンカーは床板コンクリートおよび充填モルタルと一体化していて交換が困難でした。本製品は、スリーブ付きアンカーボルトやナット保護キャップ等を使用する事により、床板部のアンカーの交換、ひいては製品自体の交換も容易になっております。

○連結用鋼材の耐久性向上
 従来はPC鋼より線の定着部が製品上部に設けられており、雨水の浸入による鋼材腐食の懸念がありましたが、曲りボルトの定着部を製品側面に設けることにより、雨水が浸入しにくい構造としました。また、床板部のアンカーに用いる鋼製部材はすべて防錆処理する仕様となっております。これにより、連結用鋼材の耐久性が向上しました。


製品概要図

製品概要図

連結部概要図

連結部概要図

床板部アンカー概要図

床板部アンカー概要図


EMC壁高欄の構造安全性は静的載荷試験および実車衝突試験により確認されています。


静的載荷試験状況

静的載荷試験状況

実車衝突試験状況

実車衝突試験状況

製品・工事カタログ、実績表

カタログ一覧へ