総合コンクリート、主義 日本ヒューム株式会社

見積もりシミュレーション

お問い合わせ

クイック壁高欄

クイック壁高欄

クイック壁高欄

 高速道路会社を中心に、老朽化した橋梁床版を短期間の車線規制の間に取り換える、大規模更新の取り組みが広がってきております。
 クイック壁高欄は、施工スピードと耐久性の向上を図り、NEXCOの「構造物施工管理要領」の要求性能を満たすフロリダ型のプレキャスト壁高欄です。
 今回、「防護柵の設置基準・同解説」に記載されている性能確認試験(衝突条件A)を実施し、剛性防護柵SB種の条件(大型車による衝突、車両重量25t、衝突速度65km/h以上、衝突角度15度、衝撃度280kj以上)を満足しました。

特長

1.床版との接合は、床版から突き出したアンカーボルトに壁部材ブロックを被せ、無収縮モルタルを充填して完了。
  シンプルな接合構造によって急速施工を実現します。

2.床版との接合面を、路面排水が浸透しにくい高さに配置。凹凸形状と相まって劣化因子の浸入を抑制します。

3.グリップを圧着した鉄筋にエポキシ樹脂塗装を施した高耐久なアンカーボルトを使用します。

4.ブロック間目地はせん断キーに無収縮モルタルを充填して完了となります。

5.損傷を受けたブロックのみを交換することが可能です。


製品断面図

製品断面図




特長1

特長1 シンプルな接合構造によって急速施工を実現




特長3 GP鉄筋

特長3 GP鉄筋

特長4 ブロック間目地部はせん断キーのみ

特長4 ブロック間目地部はせん断キーのみ






実車衝突試験の様子(動画)



製品・工事カタログ、実績表

カタログ一覧へ