総合コンクリート、主義 日本ヒューム株式会社

見積もりシミュレーション

管渠更生工法

現代におきまして、下水道はライフラインの一翼を担う存在として、益々その重要度が高まっており、都市機能の維持という観点から、その維持管理方法は注目され、より高度な解決策が求められています。

下水道施設の中で、下水道管はその延長距離や、他企業構造物と地中で輻輳する状況からも、維持補修の課題は多いと言えるでしょう。

管渠更生工法は、対象とする管渠を安全・確実・迅速に更生できる非開削工法として1971年に英国で発祥し、日本国内でも輸入技術に触発される形で国内企業が対応技術を開発し、20年を超える施工実績を持つに至りました。

こうした中、日本ヒューム株式会社は、80年を超える歴史を通して培った下水道管に対するノウハウを元に管渠更生工法による管渠のリニューアルを行っています。

3Sセグメント工法(製管工法)、SGICP工法(反転・形成工法)、FFT-S工法(形成工法)による管渠更生は管渠のリニューアルを必要とする場面で安全・確実・迅速・低コストな工事というニーズに応えられる工法です。

3Sセグメント工法、SGICP工法、FFT-S工法による管渠更生工法の施工を通じ、ライフラインのメンテナンスという21世紀のニーズに応え、社会への貢献と成れば幸いです。

各工法の詳細はこちらよりご覧ください。

管渠更生

管渠更生