総合コンクリート、主義 日本ヒューム株式会社

見積もりシミュレーション

新着情報

NEWS RELEASE 2000.10.26

既設下水道取付管への『光ファイバーケーブル固定工法』ご紹介

金属バンド工法

半円形(220度)の金属バンドに光ケーブルを吊す輪を作り、そこに光ケーブルを通して、下水道取付管上部へ光ケーブルを固定する工法です。

特 徴

金属バンド工法

  • 管路内動作に電力不要
  • 操作が簡易
  • 小型、軽量
  • 作業中に排水を妨げることがない

施工方法

樹脂バンド工法

管路内面補修に使用しているクロス・スティック工法を応用した工法で、エアチューブを膨張させることにより樹脂を含浸したガラス繊維を管路内壁に圧着させ、樹脂の凝固により、下水道取付管上部へ光ケーブルを固定します。

特 徴

樹脂バンド工法

  • ポリエステル樹脂を含浸したガラスクロス(グラスファイバ製)で、ケーブルを固定
  • 管路内動作に電力不要(空気圧利用)
  • 操作が簡易
  • 多少の水があっても施工可能

施工方法

ガイド管工法

特 徴

ガイド管工法

  • ガイド管内にケーブルを挿通するため、ケーブルの保護ができる
  • ガイド管は、管頂部に形成され、流水部が平滑である
  • ケーブルの取り替えが容易である
  • ライニング層の肉厚の変更により、管路の止水、補強が可能
  • ケーブル敷設事前工事であるため、ケーブル敷設工程に影響を受けず、先行施工が可能である
  • ケーブルの敷設が容易で、施工後の敷設工程が、任意に設定できる

施工方法

お問合わせ先 O.F.I事業部 TEL:03-3433-4117